運送業者が行うケースが多いと思います。

しかし、法は運送業者が行う旨を定めているわけではなく、荷主が行っても構いません。

発注の際の契約で、どちらが行うかを決めればよいでしょう。

 

最近ではコンプライアンスに重きが置かれ、運送業者がきちんと許可を取得して営業しているかを、荷主が気にするようになっています。

何かの際に、違法業者に依頼していたと判明すれば、特に大手企業は企業イメージに影響があるからです。

 

そのため、運送業者においてもコンプライアンス重視の流れになっています。

良い傾向ではありますが、その分、事務処理が煩雑になっています。

 

特殊車両通行許可申請は行政書士が行っているケースも多いです。

アウトソーシングをお考えなら、ご相談ください。