1人でも人を雇用すれば、雇用保険と労働保険には原則として加入しなければなりません。

必要があるかどうかという問題ではなく、法で定められた義務です。

 

厚生年金と健康保険については、法人であれば必ず加入となりますが、個人事業の場合は5人未満であれば任意加入となります。

この辺は、当事務所にご依頼いただければ提携している社労士と一緒に、法に適合させるようにいたします。

 

いずれにしても、運送業界は労働法令に関する適用や摘発が厳しくなっています。

法令遵守を心がけてください。

 

順法しながらの経営を、サポートいたします。

 

軽貨物運送業