運送業界の労働条件改善のため、7月より自動車運送事業者への処分が強化されます。

この背景としては、他業界と比較して運送業従業者の残量時間の多さ、過労死の多さがあります。

従業員の社会保険加入、健康診断の状況、安全マニュアル、危機管理体制など、行政による監査や指導も厳しくなると予想されています。

特にトラック業界では、10月からですが車両停止処分が最大5割にまで引き上げられます。

今後は従業員の労務管理、安全管理を重要視して取り組んでいない事業者は、大きなペナルティを受ける可能性があります。