6月より、運行前にドライバーの睡眠不足をチェックし、不足であれば運転禁止になります。

国交省が相次ぐ事故を受けて、対応策を講じた形です。

現状の点呼の際に、事業者は睡眠についても確認して、運転の可否を判断します。

睡眠不足のまま乗務を認めて何らかの事故があった場合は、行政処分の対象にもなるため、運送業界の労務管理はますます厳しくなります。

社員の睡眠、アフターファイブにまで気を配らなければならなくなる時代なのでしょう。