一昔前であれば、特殊車両通行許可を取得していなくても、それほど摘発件数は多くありませんでした。

そのため、他の事業者の同行を皆が窺いながら、許可を取ったり、取らなかったりであったような気がします。

しかし、最近はコンプライアンスが重視される時代となり、多くの事業者が許可取得の方向に舵を切っています。

実際に申請件数も右肩上がりであり、自社が許可を取っていなければ他社に差別化されてしまいます。

摘発件数も年々増えていますので、今後は許可を取得していないと事業体としての信用を落とす事態になりかねないと思います。

思い立ったら、取得の方向に動いてください。