基本的には車両制限令で定められた基準を満たさなければ、通行許可は下りません。

しかし、例外的に道路管理者が認めれば、許可が為される場合があります。

ただし、あくまで例外ですので、まずは正攻法で基準を満たすように注意することです。