自己資金は、申請時点だけでなく、申請日から許可の日までの間は常時確保されていなければなりません。 その間、途中で資金要件が満たせなくなると、申請は取り下げになります。 資金計画をきっちり立てて、申請に臨む必要があります。