許可率という意味であれば100%です。

というのも、申請前の運輸局とのやりとりで、ほぼ許可が下りるかどうかがわかります。

そもそも要件を満たせないものは申請しませんので、申請書が受理された時点でほぼ許可取得は決定です。

ただし、申請者本人が過去の犯罪歴等を隠していたような場合には、申請後に不許可になるようなケースもあるようです。