日本国内の死亡者数は年間100万件を超えています。

ニーズについては間違いなくあります。

しかし、大手の葬儀社などは自社で霊柩車を所持していますので、小規模の葬儀社にいかに食い込んでいけるかが事業成功のカギになるでしょう。

小規模の葬儀社は葬儀の手配の際に、親しい霊柩車事業者を手配します。

上手く営業して、取引先を開拓していける営業力があれば、徐々に依頼は増えていくでしょう。