リース車両でも許可は取れますが、資金計画等が厳しい場合は精査が必要です。

車両要件はクリアしても、その他の要件が満たせないと許可が取れないからです。

そのため、無理して許可を取りに行くよりは、ある程度余裕を持てるようになってからの申請をお勧めはしています。