政府が行っている働き方改革において、月の残業時間の規制が検討されています。

月に60時間、繁忙期は100時間で決着がつく見通しですが、5年後に見直しがあります。

それまでは、運送業や建設業は適用外になるようですが、いずれは規制が適用されますので、5年間で社内の働き方を改革する必要がありそうです。