トラック協会などが特殊車両通行許可の取得をコンプライアンス上取得するように啓発している状況もあり、これまで取得せずにいた業者様も取得して業務を行うようになっています。

そのため、我々行政書士が申請に関与するケースが増えています。

事業者様がやろうと思えばできないことはありませんが、数が多いと非常に手間です。

本来業務でないものに時間を割かれるよりは、収益を生むメイン業務に注力されたほうが効率的です。

有能な経営者は効率的な思考をしています。